ソーシャルプロダクツ・アワード2017とく




世界にひとつだけリサイクルサリーの魅力



あざやかな色と大胆な柄が魅力のリサイクルサリーをアップサイクルしているので、ひとつとして同じものがありません。そんなリサイクルサリーの魅力に迫ります。



インドやバングラデシュの女性の伝統的な衣装として知られるサリー。
世界でもっとも古い民族衣装と呼ばれ、今日まで日常的に着られています。


真新しいサリーは糊がきいていてパリッとしているのですが、何度も水をくぐって手洗いを繰り返したサリーは本当にやわらかで、まるでガーゼのよう。このコットンサリーを洋服やバッグなどに、アップサイクルしたものがリサイクルサリーです。


さまざまな色や柄の生地をパッチワークしたり、刺繍をほどこしたりして、商品に仕立てていきます。継ぎあてる布のサイズや、柄合わせなど、日本のお客さまの好みに合わせて、バランスをとりながら仕上げます。


インドでは赤やピンク、オレンジなどが縁起の良い色として好まれるため、日本人の好む寒色系のものは比較的少ないとか。

インドでは赤やピンク、オレンジなどが縁起の良い色として好まれるため、日本人の好む寒色系のものは比較的少ないとか。

ピープルツリーがリサイクルサリーの商品を初めて発売したのは2008年。
創設者のサフィア・ミニーがパートナー団体の「サシャ」に所属する「ジビカ」というグループを訪問した際に、ヴィンテージのサリーを見て、ファッションアイテムにしたいと言ったのがきっかけでした。
最初の商品はノースリーブのトップスで、以降、ドレスにスカート、バッグ、インテリア雑貨など、さまざまなアイテムが生まれました。


2008年に初登場したドレスとトップス。色や柄が選べないため、当初は実店舗のみでの販売でした。

the first item 初めてのリサイクルサリー
2008年に初登場したドレスとトップス。色や柄が選べないため、当初は実店舗のみでの販売でした。

リサイクルサリーの洋服は、インド国内でも評判がよく、ほかのバイヤーからも注文が入ることもしばしば。
2007年に7人だったジビカの従業員も15人にまで増えました。



インドの人びとに とって古くさい繕いものというイメージだった古着のサリーが、ファッションアイテムとして生まれ変わったとき、新鮮な発見と誇らしさを感じたと、つくり手たちは言います。
「私たちが着ているサリーが形を変えて日本のお客さまに着ていただけることは、大きな喜びです。サリーの色や柄合わせすることは、クリエイティブな気持ちを刺激されて、とても楽しい仕事なんです」。

インドの女性とともに歴史を紡いできたサリー。
そんなサリーをワードローブのひとつに加えてみてはいかがでしょうか?


しみやかぎ裂きなどは、布を継ぎあてて補修。全体の雰囲気を損ねないように当て布のサイズや柄を調整します。

しみやかぎ裂きなどは、布を継ぎあてて補修。 全体の雰囲気を損ねないように当て布のサイズや柄を調整します。


サリーをリボン状に細長く切って編んだ帽子、
パッチワークで仕立てたバッグなど、さまざまな商品が開発されました。

サリーをリボン状に細長く切って編んだ帽子、 パッチワークで仕立てたバッグなど、さまざまな商品が開発されました。

インドでは赤やピンク、オレンジなどが縁起の良い色として好まれるため、日本人の好む寒色系のものは比較的少ないとか。



リサイクルサリーのアイテムはこちら



このページのトップへ