社会的影響評価レポート(ソーシャル・レビュー)

社会的影響評価レポート(ソーシャル・レビュー)は、WFTO(世界フェアトレード機関、旧IFAT)の加盟メンバーが、フェアトレードの10の基準に即して活動しているかを相互評価するためのツールです。メンバー団体は2年に1度ソーシャル・レビューを実施してその結果をWFTOのモニタリング委員会に提出し、審査を受けます。活動内容が適切と認められたメンバー団体は、「フェアトレード団体(FTO)」としてWFTOから認定を受け、「FTOマーク」を付与されます。

ピープルツリーは1996年にIFAT(現WFTO)に加盟し、フェアトレードの10項目の基準を守っています。2003年にFTOマークの制度開始と共にマークを取得し、以来2年ごとに更新して認定を受けています。

 

このページのトップへ