ピープルツリー フェアトレードコーヒー

コーヒー生産をめぐる世界の格差をなくすために

朝の目覚めや食後のひとときなど、豊かな香りと苦み、深い味わいで心安らぐ時間をつくるコーヒー。世界で大きな貿易規模を誇るコーヒーは、無数の中間業者が入る複雑な流通経路により、生産者の立場が弱い農産物とされています。ときに農家が手にする収入は、生産コストさえ賄えないほど低いことも。そんな現状を変えるひとつの方法として、フェアトレードがあります。立場の弱い小規模農家がつくる団体と直接取り引きすることで、農家の人びとの安定収入を支えています。

伝統的なオーガニック栽培をする
ペルーの生産者協同組合「コクラ」

有機JAS認証を得ているコーヒー生産者団体、コクラは1967年に設立された小規模農家の協同組合です。世界遺産として知られるペルー南部のマチュピチュ遺跡から車で5 時間、クスコ州キジャバンバを中心とした標高1,500〜1,800mの高地で栽培を行っています。現在の組合員は23グループ、約8,000 名と設立当時の10 倍の規模になっています。生産量は年間約10,000トンで、ペルー全体の約4%もの量です。栽培、加工、販売、輸出までを行い、伝統的な有機栽培を促進しています。また、ココアや紅茶、果物を同時に栽培するなど、安定した収入をつくるため、さまざまな工夫を凝らしています。

寄付ができるラオスのコーヒー
「ジャイ・コーヒー生産者組合」のこと

ジャイ・コーヒー生産者組合(JCFC)は、南部のボラベン高原で質のよいコーヒーづくりに力を入れています。品質を高めることでコーヒー産地としてのラオスの評価を上げ、付加価値のある価格での取り引きや、買い取り量を増やすことを目指しています。優れた香りと酸味を持つ希少な品種、アラビカ種ティピカを中心に栽培するのも、その活動の一環。ティピカは病気にかかりやすく、収穫量も少ないという難しい品種ですが、農家の人びとが手間を惜しまずに育て、収穫後もていねいに水洗いして果肉を除き、天日でムラなく乾燥させてパーチメントをつくっています。ピープルツリーでは、この活動を支えるため、ラオスコーヒーの売上金の一部を生産者団体へ寄付しています。

オーガニック栽培を進めるタンザニアの
「キリマンジャロ先住民生産者協同組合」

キリマンジャロ山麓でコーヒーづくりをする90の共同体、70,000人の組合員からなる、キリマンジャロ先住民生産者協同組合(KNCU)は、オーガニック栽培への転換を積極的に進めています。2007年の時点で、約1,100名の組合員が有機栽培のグループ認証を取得しました。コーヒーは、バナナをシェードツリー(葉焼けを防ぐための木)として、ほかの作物との混植で栽培されています。KNCUでは収穫から乾燥まで組合員の手によってていねいに加工された生豆を集荷、脱穀、選別して輸出しています。

ペルーのキジャバンバの山々。

コーヒーを育てるコクラの農家さん。

カトゥアット村など、ボラベン高原の森の中で栽培されるラオスのコーヒー。

アラビカ種の原種に近いティピカの木。

水洗いして果肉を除き、乾燥させたら生豆が完成。

© People Tree/ Fair Trade Company. All Rights Reserved.