フェアトレードの学校

フェアトレードの学校って?

フェアトレードの学校を始めます!

「フェアトレードってそもそも、何?」という基礎知識に加えて、毎日の生活の中のフェアトレードを衣・食・住(雑貨)に分けて、
その活動内容や背景にある社会問題などについて学んで、分かち合える場。
実際にものづくりの現場を訪れているスタッフが主な講師となって、それぞれの国や生産者団体のエピソードをお伝えします。

私たちは、「もの」にあふれた生活をしています。
それらの多くが海外から輸入されており、複雑な流通システムの中、どこでどのようにつくられているのかが分かりづらくなっています。
顔の見えるものづくりをしているフェアトレードを通じて、「つくってくれる人」を身近に感じ、世界とのつながりを実感してみませんか?

自分の身の周りにあるものはすべて、誰かがつくってくれたもの。
そんな当たり前のことを意識することが、ものを大事にする気持ちにもつながります。
自分に心地いい暮らしが、世界にもちょっといいこと。
そんなフェアトレードの衣・食・住について、楽しく学びながら、実践のアイデアをみんなで話しましょう。

1回ごとの受講も可能です。ご参加をお待ちしております!

授業のスケジュール

次回の開催はこちら/

日時

2/11 (祝・日) 10:45~11:45

※通常11:00の開店が、開催日のみ12:00開店になります。

※参加者はイベント終了後、そのままお買いものしていただけます。

場所

ピープルツリー自由が丘店

東京都目黒区自由が丘3-7-2
03-5701-3361

授業料

おひとり¥1,000 / 1回

ともだち割

2人以上の参加で

おひとり¥800 / 1回

-次回-

2/11(日)

開催

バレンタイン直前! フェアトレードチョコで出来ること
授業の内容
日本中でチョコの話題に盛り上がる、バレンタインシーズン。
多くの人が大好きな、「甘い」チョコレートですが、 実はその背景には児童労働や貧困、森林の減少や生物多様性の危機など 「甘くない」現実があります。フェアトレードのチョコなら、環境に配慮しながら カカオをつくる農家を支援することができます!
授業の内容
20年以上、フェアトレードチョコを販売してきた実績を持つピープルツリー。 チョコ担当のプランナーとともに、チョコが抱えるさまざまな社会的課題やピープルツリーのフェアトレードチョコに使われるカカオを 生産するボリビアの小規模農家の共同体「エル・セイボ」、カカオポイントでの支援活動、チョコを生産するスイスの工場への出張の様子などをお話しします。 発売以来大人気の新フレーバー「抹茶」の企画エピソードも!
授業の内容
さまざまな種類のチョコが選べる季節だからこそ、つくる人も嬉しいフェアトレードチョコのお話を聞きにいらしてください。
����Ȑl�ɃI�X�X��

・心地いい暮らしを楽しみたい人
・「フェアトレード」って言葉は知っているけど、具体的なことをもっと知りたい人
・フェアトレードだと、どんないいことがあるのか知りたい人
・映画「トゥルーコスト」を見て、このままではいけない!と思ったけれど、何をしたらよいのか分からない人
・社会企業、フェアトレードに興味のある学生さん

申込み方法

スタッフに直接、または電話・お申し込みフォームにてお申し込みください。

03-5701-3361

11:00~20:00まで。