フェアトレードの学校

フェアトレードの学校って?

フェアトレードの学校を始めます!

「フェアトレードってそもそも、何?」という基礎知識に加えて、毎日の生活の中のフェアトレードを衣・食・住(雑貨)に分けて、
その活動内容や背景にある社会問題などについて学べる、楽しい学びの場です。
実際にものづくりの現場を訪れているスタッフが主な講師となって、それぞれの国や生産者団体のエピソードをお伝えします。

私たちは、「もの」にあふれた生活をしています。
それらの多くが海外から輸入されており、複雑な流通システムの中、どこでどのようにつくられているのかが分かりづらくなっています。
顔の見えるものづくりをしているフェアトレードを通じて、「つくってくれる人」を身近に感じ、世界とのつながりを実感してみませんか?

自分の身の周りにあるものはすべて、誰かがつくってくれたもの。
そんな当たり前のことを意識することが、ものを大事にする気持ちにもつながります。
自分に心地いい暮らしが、世界にもちょっといいこと。
そんなフェアトレードの衣・食・住について、楽しく学びながら、実践のアイデアをみんなで話しましょう。

1回ごとの受講も可能です。ご参加をお待ちしております!

授業のスケジュール

次回の開催はこちら/

日時

9/30 (日) 10:45~11:45

※通常11:00の開店が、開催日のみ12:00開店になります。

※参加者はイベント終了後、そのままお買いものしていただけます。

場所

ピープルツリー自由が丘店

東京都目黒区自由が丘3-7-2
03-5701-3361

授業料

おひとり¥1,000 / 1回

ともだち割

2人以上の参加で

おひとり¥800 / 1回

-次回-

9/30(日)

開催

認証ラベルを知る ~サステナブル&エシカルなラベルたち~
授業の内容

9月のフェアトレードの学校は、ゲストに日本サステナブル・ラベル協会代表理事の山口真奈美さんをお招きして、認証ラベルについて学び、お買いものという身近な「毎日の選択」について考えていきます。




あなたが選ぶそのアイテムのその背景には、どんな素敵な物語とつながっているでしょうか。

本物のオーガニックを選びたい! 自然や環境に悪影響を与えていないかな? モノづくりに携わっている人々にも配慮されている?

そんな想いをチェックできる方法のひとつに、さまざまな「認証ラベル」が存在します。

オーガニックやフェアトレードの他、森・海・動物への配慮など多岐にわたる認証ラベル。

そのラベルたちは何を示していて、どんな意味を持っているのでしょうか?

ピープルツリーの商品でも発見できる、そのラベルの意味と背景を知り、あなたの選択の基準のヒントを共に探りませんか。

また、想いと行動が矛盾しない社会を目指して、認証のその先にある社会とライフスタイル、エシカル消費の在り方について 皆さまと考えていきたいと思います。


 

山口真奈美 (やまぐち まなみ)

・ゲストプロフィール
山口真奈美(やまぐち まなみ)

一般社団法人日本サステナブル・ラベル協会 代表理事/株式会社FEM 代表取締役

研究所勤務などを経て2003年FEM 設立。持続可能な原材料調達やサプライチェーンにおける環境社会的配慮に向けた基準策定・環境・CSR・生物多様性・国際認証&ラベルの研修・教育事業の他、環境や社会に配慮した持続可能な国際基準を軸に、多岐にわたる認証を支援。

企業活動やライフスタイルを、よりエシカル&サステナブルに転換することを目指し、様々な活動にも従事。また、女性を中心に環境や社会に配慮したエシカルなライフスタイルの提案にも力を入れている。

(一社)日本エシカル推進協議会 副会長 理事、オーガニックヴィレッジジャパン理事、環境ビジネス総合研究所 理事長などを兼任。

����Ȑl�ɃI�X�X��

・心地いい暮らしを楽しみたい人
・「フェアトレード」って言葉は知っているけど、具体的なことをもっと知りたい人
・フェアトレードだと、どんないいことがあるのか知りたい人
・映画「トゥルーコスト」を見て、このままではいけない!と思ったけれど、何をしたらよいのか分からない人
・社会企業、フェアトレードに興味のある学生さん

申込み方法

スタッフに直接、または電話・お申し込みフォームにてお申し込みください。

03-5701-3361

11:00~20:00まで。