寄付付きアイテム | オーガニックコットン、フェアトレードアイテムのファッション通販サイト。フェアトレードの【ピープルツリー】
ジャンルから探す

フェアトレード、さらに寄付付きアイテム「Share the Love」

フェアトレードはつくる人、買う人どちらも幸せになる貿易の仕組み。
「安全で清潔な場所で仕事が続けられる」「子どもが学校に通える」
そんな安定した生活と仕事を継続できるように、支援をしています。

さらに、
つくり手だけでなく、つくり手の住む地域で特に支援が必要なコトについて、
ピープルツリーはさまざまなカタチでサポートをしています。

フェアなアクセサリーを選んで子どもたちに笑顔を届けよう!


途中経過報告



インドでは500万人以上の子どもたちが、学校に行けずに働いています。

児童労働に従事する子どもたちに教育の機会をつくるため、 「タラ・プロジェクト」では5か所の教育センターを運営しています。

タラ・プロジェクトのアクセサリーのお買い上げ100点ごとに30USドルを、ウッタル・プレデシュ州プルディス・ナガール村の教育センターに送金します。同センターでは、1日数時間でも学ぶ機会を提供し、教育の大切さを理解する手助けをしています。

● 期間:2015年2月1日〜開催中
● 寄付先:アクセサリーの生産者団体「タラ・プロジェクト」が支援するウッタル・プレデシュ州プルディス・ナガール村の教育センター
● 寄付条件:タラ・プロジェクトのアクセサリーが100個売れるごとに、US30ドルを寄付。


対象アイテムを見る



対象アイテムを見るブログでの紹介



エシカル・ウエディング


途中経過報告



ウエディングは、結婚するふたりにとって人生最良の日。
そんな日に着るドレスが手織りの生地を使い、1点1点手で刺繍をほどこした心のこもったものだったら、うれしいですよね?

二人の幸せを式の参列者だけではなく、ドレスをつくっている人たちにもおすそわけする、それが「エシカル・ウエディング」です。

ピープルツリーの全てのウエディング・ドレス1着をお買い上げいただくごとに、10,000円をドレスをつくった生産者団体に寄付します。

● 期間:2011年2月〜開催中
● 寄付先:ウエディング・ドレスをつくるそれぞれの生産者団体
● 寄付条件:ウエディング・ドレスが1着売れるごとに、10,000円。



対象アイテムを見る



対象アイテムを見るキャンペーンの詳細を見る



エシカル・ウエディング


板チョコとフィリングタイプの2種類のフェアトレード・チョコレートの包み紙の裏についている「カカオポイント」。お客さまにカカオポイントを集めていただき、専用の台紙に貼って郵送でお送りいただく企画です。

10ポイントにつき1本のカカオの苗木を、病害虫に悩む「エル・セイボ」のカカオ農家に贈ります。
また、ご応募いただいた方には、ポイントに応じてオリジナルアイテムをプレゼントします。

● 期間:フェアトレード・チョコレートの販売時期(11月〜4月)
● 寄付先:カカオ豆の生産者団体「エル・セイボ」
● 寄付条件:お客さまからご応募いただいた「カカオポイント」。10ポイントごとにカカオの苗木を1本。



対象アイテムを見るブログでの紹介



Walk with Nepal


※こちらの寄付プロジェクトは募集を終了しました。



2015年4月にネパールを襲った大地震は、ピープルツリーの生産者団体にも大きな被害を与えました。
ピープルツリーはつくり手のみなさんに働く機会を提供することが、生活を建て直すために今後もっとも重要な継続的支援と考えています。
そこでセーター、ショール、帽子、手袋などのニットアイテム、バッグ、コサージュなどのファッション小物を1点お買い上げごとに、ピープルツリーから100円を送金するプロジェクトを始めました。

寄付先は2つあります。
ひとつめは「フェアトレード・グループ・ネパール(FTGN)」。ネパールのフェアトレード団体19団体が加盟するネットワークです。FTGNを介することで、より必要とする人の元へ適切な援助を送ることができます。
もうひとつの寄付先は、「クムベシュワール・テクニカル・スクール(KTS)」。KTSにとってピープルツリーは収益のおよそ半分を支えている最大の取引先です。他の団体に比べ支援が届きにくいこともあり、寄付先のひとつとしました。

● 期間:2016年2月末までに、10,000USドル(約123万円)
● 寄付先:FTGNとKTS
● 寄付条件:ネパールでつくられたファッションアイテム1点お買い上げにつき、100円を寄付。


対象アイテムを見る



対象アイテムを見るブログでの紹介



ケニアの子どもたちに車椅子を贈ろう


※こちらの寄付プロジェクトは募集を終了しました。





ケニアでは障がい者のための車椅子や杖が足りず、余裕のない家庭では子どもが家に置き去りにされ、社会から取り残されてしまうことも……。

障がいを持つ人びとが自立するためのリハビリセンターとして設立された 「ボンボルル・ワークショップ」の商品(アクセサリー)が300個お買い上げされるごとに、 車椅子1台分の料金を、ピープルツリーから寄付します。

その代金で「ボンボルル・ワークショップ」の職人が車椅子をつくり、子どもに贈ります。 子どもたちだけでなく、職人の仕事の機会もつくるプロジェクトです。

● 期間:2015年1月1日〜2016年7月31日
● 寄付先:アクセサリーの生産者団体「ボンボルル・ワークショップ」
● 寄付条件:ボンボルル・ワークショップのアクセサリーが300個お買い上げされるごとに、車椅子1台分の代金を寄付。



対象アイテムを見るブログでの紹介




©People Tree/ Fair Trade Company. All Rights Reserved.