• 『&Organic』私らしくいたいからオーガニックコットンの服を選ぶ
人気スタイリストがリアルコーデ、個性派アイテムを際立たせるシンプルな&Organicシリーズ。雑誌などで活躍する人気スタイリスト3名に&Organicを使ったコーディネートを提案いただきました。私物を使ったアイデア満載のスタイリングはおしゃれのヒントがいっぱいです。
& Organic サルエルパンツ & Organic フレアVネック半袖Tシャツ
ダークネイビーのセットアップで
華やかなストールを印象的に

& OrganicのフレアVネック半袖Tシャツとサルエルパンツをセットアップで使用。
ジャケットとストール、ヒールを合わせ、少しかっちり感をプラス。
サッシュベルトでウエストをマークし、ジャケットを脱いでもメリハリが出るようにしました。

【アウター】forte forte(フォルテフォルテ) 【インナー】& Organic フレアVネック半袖Tシャツ
【パンツ】& Organic サルエルパンツ 【ストール】パリで購入したもの 【ベルト】RBS(アールビーエス)
【シューズ】APOLOGIE(アポロジー) 【アクセサリー】Harpo(アルポ)、CPCM(シー・ピー・シー・エム)

& Organic 半袖Tシャツ
花柄+レザーの個性をまとめる
シンプルな白のTシャツ

3つの柄が楽しめる巻きスカートを主役にコーディネート。
花柄の甘さをライダースとブーツで引き締め、フェミニン過ぎないスタイリングに。
白いシンプルな& OrganicのTシャツでtoo muchに見えないように引き算。個性的なアイテムをうまくリンクさせています。

【アウター】beautiful people(ビューティフルピープル) 【インナー】& Organic半袖Tシャツ
【スカート】O'Neill(オニール) 【アクセサリー】petite robe noire(プティローブノアー)
【バッグ】古着店で購入したヴィンテージのもの
【シューズ】DR.MARTENS(ドクターマーチン) × VETEMENTS(ヴェトモン)のブーツ


くしかわともさん

& Organicについて

コットンは肌ざわりがよく、汗をかいても不快にならず、洗濯もしやすいので、フェスやアウトドアなどの夏のイベントにおすすめ。ワンピースはパンプスと合わせればきれいめにも使えて万能だし、ロングカーディガンは上からベルトを巻いてアレンジしたりして楽しめそうですね。

profile

小暮美奈子氏に師事し、2011年に独立。女性ファッション誌を中心にカタログや広告などでも活躍中。ベーシックスタイルからトレンド取り入れたエッジィなスタイルまで得意とする。

& Organic フレアVネック半袖Tシャツ
同トーンのグラデで合わせた
遊びゴコロのあるスタイリング

& OrganicのフレアVネック半袖Tシャツをメインにコーディネート。
メインアイテムがライトグレイなので、ほかのアイテムはブルー、グレイ、ネイビー系を選びまとめました。遊びゴコロのあるパンツとのコントラストを楽しみます。
コサージュは廃棄花とコットンでつくられたもの。

【帽子】pachacuti (パシャクティ) 【アウター】古着
【インナー】& Organic フレアVネック半袖Tシャツ 【パンツ】NINP(ニンプ)
【シューズ】BALENCIAGA(バレンシアガ) 【コサージュ】知人からのプレゼント​

& Organic ロングカーディガン
フォーマルなアイテムを合わせ
素材感の違いを楽しむ

& Organicの白のロングカーディガンにフォーマルなアイテムをプラス。
モノトーンで統一しつつも、素材感の違うアイテムを組み合わせることで、立体感を出しました。全身真っ黒にならないように、帽子と靴は黒とベージュのツートーンのものをセレクト。

【帽子】osoto (オソト)【アウター】& Organic ロングカーディガン
【インナー】INHEELS(インヒールズ)とイギリスのチャリティーショップで購入したもの
【スカート】イギリスのチャリティーショップで購入したもの
【ベルト】OSKLEN(オスクレン) 【シューズ】TERHI(テーリ) 【バッグ】MATT & NAT(マットアンドナット)
【アクセサリー】ネックレス、ピアスはともに自分でつくったもの


竹村伊央さん

& Organicについて

白・グレイ・ネイビーと、色がベーシックなのでわざとハズしたスタイリングも楽しめます。生地が薄手なので野暮ったくならず、落ち着いた雰囲気になるのも魅力。真夏ならタンクトップの上に重ねれば、光が当たったときに透け感が出てきれいだと思います。

profile

s.p.e.c所属​。​名古屋市立桜台高等学校ファッション文化科卒業後、渡英。UCA芸術大学・大学院で学ぶ中でエシカルファッションと出会う。Ethical Fashion Japan(EFJ)代表。

& Organic 半袖Tシャツ
エッジのきいたアイテムは
こなれ感のある着こなしで

古着をリメイクした花柄のガウンなど、エッジのきいたアイテムを合わせて、それぞれがより引き立つようなコーディネートに。パンツのウエストのデザインを際立たせるように、& Organicの半袖Tシャツはフロントだけインして、ゆるっとしたシルエットを楽しんで。

【アウター】FLANGER(フランジャー) 【インナー】& Organic半袖Tシャツ 【パンツ】古着
【アクセサリー】古着店で購入したもの 【シューズ】コンバース Made in Japanモデル

& Organic ノースリーブワンピース
ワンピース+パンツのコーデは
アウターの丈感に気をつけて

& Organicの白いノースリーブワンピースに黒のアイテムを合わせ、モノトーンでコーディネート。パンツによってコーディネートの重心が下がるので、アウターは短め丈のボレロを選び、バランスをとりました。サンダルとウッドのバングルでちょっと個性を演出して。

【アウター】FLANGER(フランジャー) 【ワンピース】& Organic ノースリーブワンピース
【パンツ】HOUSE OF LOTUS(ハウスオブロータス) 【シューズ】WONDER FULL LIFE(ワンダフルライフ)
【バッグ】JIL SANDER(ジル サンダー)


串尾広枝さん

& Organicについて

オーガニックコットン=リラックスというイメージにとらわれずに着られるデザイン性の高さが◎。ふんわりとしたシルエットやサイドのスリットといったディテールは、大人の女性にぴったり。特にダークネイビーはナチュラル&カジュアルだけでなく、幅広いスタイリングに使えそうです。

profile

大分県生まれ。アシスタントを経て2000年よりフリーランスに。女性ファッション誌からナチュラル系、ライフスタイル誌、ブランドのカタログ、書籍、広告などを中心に活躍中。

& Organicの3つのこだわり
素材 スラブ×オーガニックコットン

オーガニックコットンを手紡ぎ風に仕上げたスラブ糸にして編み上げました。さらっとした肌ざわりに、オーガニックコットンならではのやわらかさが相まって、素肌に直接着たくなる素材です。

色 やわらかモノトーン

春夏にぴったりのやわらかモノトーンで、ワントーンコーデやセットアップスタイルもきれいにまとまります。ベーシックカラーだから、着まわしのキーアイテムとして活躍します。

デザイン キーワードは「シンプル」「洗練」「大人」。風を感じるたっぷりとしたドレープ感とふんわりシルエット。
Check Items
大人コーディネート プロのスタイリストが、40代スタッフのお悩みをリアルに指南
お悩み01 足元コーデが分からない

思い込みで、ワンパターン。全体のバランスを見ることで、新鮮コーデを楽しめます。

詳しくは >>
Check Items
お悩み02 二の腕も、脚も、
できれば出したくない

単に隠すだけじゃない、「むしろ、おしゃれ」に見せるコツ。「質感」が決め手です。

詳しくは >>
Check Items
お悩み03 イマドキのトップス加減が分からない

ウエストを隠そうとするよりハイウエスト気味でインするのが、イマドキ気分。

詳しくは >>
Check Items
隠したい!コーデが分からない!人気スタイリストがおしゃれ迷子に贈るヒント

このページのトップへ