30周年ロゴ

People Tree

毎日の暮らしに物語を

30周年イラスト

ともに生きる希望の未来へ

-ピープルツリーは30周年を迎えます-

ピープルツリーが30年前から求めてきたのは、
世界中の人々が、国や文化の違いを超えて対等な関係性を築き、みんなが普通に幸せに暮らせること。
人も、動物も、植物も地球の恩恵を享受し、調和の中で共生できること。

今、時代の変化とともに、30年前にはむずかしかった「普通」が実現する可能性を感じています。
パンデミックや気候変動、争い……さまざまな困難に直面しているからこそ、
多くの人が世界との「つながり」を感じ、持続可能な社会への関心が高まり、
食糧さえ行き届いていない人のいるおかしさに気づき始めています。
よりよい未来への一歩を今こそ踏み出そう!そう思う人たちが増えてきたことを、実感しています。

これまでの30年間、希望を持って地道に努力を続けてきた生産者たち、
ピープルツリーの目指す世界に共感し、支えてきてくださったお客さま、お取引先のみなさま、
そしてともに活動してきたスタッフたち。心から感謝と敬意を送ります。

今こそ、私たちがともに目指す世界の実現に向けた、大きな転換のときです。
これまで以上に多くの人たちを巻き込んで、望む幸せを、リアルに普通にしていきましょう。

  • アシシ・ガーメンツ(インド)

  • クリエイティブ・ハンディクラフト(インド)

  • ゴダバリ・デルタ・レース(インド)

  • サシャ(インド)

  • タラ・プロジェクト(インド)

  • フュージョン(インド)

  • ラジラクシミ(インド)

  • ボンボルル・ワークショップ(ケニア)

  • メル・ハーブ(ケニア)

  • ブルズソックス(トルコ)

  • 手工芸生産者連盟(ACP)(ネパール)

  • クムベシュワール・テクニカル・スクール (KTS)(ネパール)

  • サナ・ハスタカラ(ネパール)

  • ニュー・サドル(ネパール)

  • サイドプール・エンタープライズ(バングラデシュ)

  • アーティザン・ハット(バングラデシュ)

  • バングラデシュ・デヴテック・アソシエイツ(バングラデシュ)

  • プロクリティ(バングラデシュ)

  • ジュート・ワークス(CJW)(バングラデシュ)

  • デュー・クラフト(バングラデシュ)

  • クムディニ・ハンディクラフト(バングラデシュ)

  • タナパラ・スワローズ(バングラデシュ)

  • サフィー(フィリピン)

  • プレダ基金(フィリピン)

  • チョコ

  • 紅茶

  • コーヒー

  • アフリカドライフルーツ

  • ハチミツ

みなさまからいただいたピープルツリーへのメッセージやエピソード

  • Ruthさま
    30周年おめでとうございます!PeopleTreeに出会い私の人生は動き出しました。感謝の気持ちでいっぱいです。ずっと先まであり続けて欲しい、そしてフェアトレードなんて当たり前で言葉すらなくなる世の中が訪れたらいいなと願ってます。
  • 安須さま
    いつも素敵なファッションを提供して下さることに感謝します。生産者さん達のお話もブログ等で興味深く読んでいます。大手メディアでは報道されることのない現地の社会状況も知りたいです。これからも期待しています。
  • ちこさま
    ピープルツリーを知ってから、お気に入りの服を着て、毎日より楽しく生活できるようになりました。
  • まりりさま
    フェアトレードを知って、生産者や商品が作られる工程を意識するようになった。自分の消費活動の裏で誰かが泣いている状況は極力避けたいと思った。
  • sari mayumiさま
    ピープルツリーのショップに行くと、「こんにちは~」より「ただいま〜」って気持ちの方が大きく、温かく迎えて下さるスタッフのみなさまには感謝しています。
  • フェアトレード風”s in  野入 土井ゆきこさま
    30周年おめでとうございます!20周年の時は上京しました。サフィア・ミニーさんと一緒に活動してこられた方がいて、一緒にがんばってきた人々がみえて、今ここにお祝いできること嬉しく思います。私にとってフェアトレードは、一筋の光。知ってしまって悶々とした南北問題、誰かを犠牲にして暮らしている現状に、一筋の光がさして、それが自分の生き方を問うことにもなりました。
  • アミティエ 内藤達夫さま
    30周年おめでとうございます!ピープルツリー、フェアトレードを知って、私達が何を着るか、何を食べるか、お金を何に使うかを考える様になった。フェアトレードだから高くてもしょうがないという考えを無くしてほしい。全ての人々がフェアな暮しが出来る様、三方良しが良い。
  • 寺田愛さま(元スタッフ)
    SDGsが広がり、企業も個人も、よりサステナブルでエシカルな消費が求められるなかで、30年続けてきたピープルツリーは先駆者の誇りを持って、リーダーシップを取って進めてほしいです。一方で、まだまだピープルツリーやフェアトレードを知らない人もたくさんいます。コロナ禍で厳しい世の中ではありますが、頑張って今後も40年50年と続けてほしいです。
  • MSさま
    ピープルツリーの洋服は、原産地の色、形、デザインを生かしながらそこにたぶんイギリスや日本のアドバイスが加わってできているような気がします。どんどん変化してきていて先が楽しみです。
  • 新井朱句世さま
    安全な日本に暮らせいていて、毎日の食べ物に困る事なく暮らしている自分にとって、無意識に搾取したりしないように生きていきたいのに、通常のお買い物では難しい。そこを埋めてくれるのがフェアトレードだと思っています。
  • naoko SHさま
    30周年おめでとうございます!フェアトレードファッションにおいては草分けブランド!!今後さらにフェアトレードが広がっていくように、商品開発販売もアドボカシーも頑張って!…応援しています♡
  • ゆるるさま
    これからのピープルツリーには、衣類だと応援(購入)するのに限界があるため、雑貨や食品を増やしていただきたいです。ボックスティッシュケース、クッションカバー、オーガニックコットンのタオルや下着、靴下もいろんな形のものがあると選びやすいです。
  • シナリー アクエリアス 石井悦子さま
    自分のお店で販売し、お客様にフェアトレードやオーガニックの価値を実感いただいています。始まりはラムチョコのあまりの美味しさに感動したこと。私の店でも取り扱いたいと電話し、「脱原発活動や、循環型コミュニティーを運営している」と伝えると即座に「ぜひお取扱いお願いします」と。ピープルツリーの世界を良くしようと言う思いが感じられ、喜んで登録させていただきました。
  • Ananda 紀名さま
    30年にわたる揺るぎない取り組みに、賛同、感謝しております。フェアトレード商品を通じて生産者の方々の背景を知り、出来上がるまでの過程や物語を学ぶ機会を得ています。生産環境や労働条件など、フェアトレード商品の存在は有難く、買い物をする際に選ぶよう心掛けています。日常生活で意識的に選択的購買行動をすることで、搾取の少ないより良い世界になることを願っています。
  • Moeさま(元スタッフ)
    ピープルツリーのショップで働いて、自由にディスプレイやワークショップをさせていただいて、自分のスタイルやデザインに自信を持つことができたことが、今の木工作家の仕事に活きています。フェアトレードはもちろん、手作りの良さやオーガニックコットンの素晴らしさをもっとたくさんの人に伝えていってください。
  • inacoさま(元スタッフ)
    今でもピープルツリーの仕事もお手伝いしています。生産者の個性が溢れたパンチのある商品と、社員が活き活き働いている会社の見本になっていくことを期待します。
  • kemaさま
    世の中、ようやくフェアトレードという言葉に少し敏感になってきたかもしれませんが、それをただの流行にはしたくないなと。コロナ禍でなかなか難しいところもあると思うのですが、メディアや他媒体で、情報を発信していって欲しいなと思います。
  • もももははさま
    ピープルツリーを知ってから、生活では、自分にイニシアティブがある食料品の購入についてはフェアトレードのものをチョイスすることが増えました。仕事では、何かの決定にイニシアティブがないので取り入れられていないため、今後できたらいいなぁ、、、末永く、応援しております。
  • あさこさま
    ピープルツリーを知ってから、手作り品を大事に考えられるようになった。便利には代償があると実感。丁寧に暮らすことが人権保障や地球保全の基本と思い、産地に思いを馳せられるようになった。身近に想像できるという感じでしょうか。
  • M.Fさま
    ピープルツリーと私の印象的な出来事は、(フェアトレード商品を)プレゼントした友人がピープルツリーの商品を購入してくれていたこと。
  • K.Yさま
    フェアトレードに出会って、購入者が何を選択するかによって社会を変えたり、自分の意見を表すことができる事が分かった。毎日の洋服や、家の小物等は7割がピープルツリー。カゴは全部です。
  • FAIR TRADE風”s 六鹿さま
    1991年、私の誕生年です!同年でうれしい!最初に買ったピープルツリー商品はチョコレートとコインケース。それから、服やドライフルーツや、、、と少しずつ増えていって、生活に無くてはならない存在へ。そして、いつの間にかそれらに囲まれながら他の人へ紹介するのが仕事になっていました!これからも共によろしくお願いします~
  • kogomi 森さま
    ピープルツリーを知ってから、誰がどのように作ったものか、どんな考え方の企業のものかなど商品の背景も見る癖がつき、自然と社会の仕組みについて関心も出てきました。エシカルファッションの老舗ブランドとして、無難なデザインとラインナップに陥らず、素材感も大切に、素材や製造工程、長く着る事ができると言う意味でもエシカルと言えるデザインに取り組み続けて欲しいです。
  • Michikoさま(元スタッフ)
    ピープルツリーで働いていたおかげで、初めてチャレンジすることも、最初からできないと決めつけず、粘り強く、どうしたらできるのか考えようという思考回路を得ることができました。世界中の作り手とつながれる気がして、手持ちのピープルツリーの服やアクセサリーを今も大事にしています。これからもフェアトレードのパイオニアとして、新たな道を切り拓いていってください!
  • ろこさま(元スタッフ)
    フェアトレードが草の根貿易とも呼ばれていた時代にNGOグローバル・ヴィレッジで働いていました。当時からエコでエシカルなのにオシャレ!を牽引してきたピープルツリーは日本にフェアトレードを広げることにどれだけ大きく貢献されてきたことか。当初からの目的「一般の企業活動にフェアトレードの概念を」はSDGsとなって実現しつつあります。一層のご活躍を期待します。
  • 下向良子さま
    以前から人々の公平に意識があったつもりですが、具体的に作る人たちの暮らしの様子が伝わって商品への信頼を持ち、生産者を少しでもサポートして良い商品を購入できるのがうれしいです。オーガニックの素材や染など、人にも大地にも有難く思います。
  • こが あきこさま
    十数年前、何気なく新聞を読んでいて目に入った「フェアトレードとは」という記事で初めて公正取引を知り、力のない一個人の私でもまずは取り組みやすい日常の買い物から意識改革と生産労働(してくださる)者に当たり前であるべき人権、生活保護に協力できると知りました。そこに名前の書いてあったピープルツリーを自分で調べ、ピープルツリーと共に今の自分と未来の自分があります。
  • A・Kさま
    グローバル・ヴィレッジ初期の頃(冬でした)、ミニーさんの自宅の前で衣料のバザーがあり、出かけました。アフリカ製(泥染めだったか)の赤い上着とスカートを買いました。この春まで保存していて、スカートを若い方にあげました。
  • 田中惣一商店 田中明美さま
    チョコレートや食品の美味しさと、お洋服、雑貨などの手仕事の素晴らしさと現地からのストーリーが 大好きで、展示会などでのサフィアさん、ジェームズさん、スタッフの方々のお話を聞くのが大好きです。それをお店のお客様へ店頭でご紹介、伝える、繋ぐことのできる楽しさもあります。お店やさんも頑張っている情報をピープルツリーさんからもっと発信していただけると嬉しいです。
  • ecomo うたさま
    30周年、おめでとうございます。お店での仕入れ販売を通じて、一緒にお仕事させていただいてうれしいです。展示会で御社の方々と会ってお話しすると、いつも元気いただきます。その商品がどのようにできあがったのか背景についても詳しく教えてくださることがいつも印象に残っています。透明性のある会社と仕事をさせていただいて感謝しております。
  • Walk in Beauty 花子さま(元スタッフ)
    バングラデシュの農村で作られた手編みジュートポシェットや手漉き紙製品、刺繍ポーチと出会い、手仕事の魅力に惹かれて購入しているうちに、ピープルツリーのスタッフに。オーガニックコットンや手織りの心地よさを知り、衣料品も愛用。意義を伝えたい方への贈り物に食品や雑貨、ベビー用品を。今では毎日、当たり前に身近にあり、買い物をする際に優先する選択肢になっています。
  • ようこさま(元スタッフ)
    フェアトレードという比較的にグローバルな業界から、震災をきっかけに日本の地域というローカルな業界に転職しました。PTを通じて出会えた皆さんや、そのご縁からの方々と地域に関わり、人との繋がりがさらに広がりました。「フェアトレード」という概念の社会的認知度が上がった今だからこそ、「これぞ、ピープル・ツリーだよね!」という「らしさ」アイテムを期待します。
  • Y.Mさま
    私がピープルツリーの服を着ていたとき、向こうから来る知らない人もピープルツリーを着ていて、すれ違う時にお互い笑顔になったのがうれしかったです。夫も知り合う前からピープルツリーユーザーだったので、共通の話題として距離が縮まりました。
  • タムタムさま
    ピープルツリーを知ってから、安いから買うという事がなくなりました。もともと流行に載らないタイプですが、体に良いもの、肌に優しい物を選んでいます。
  • 漢方薬局 Mさま
    雑貨店をオープンした時に、ピープルツリーのチョコレートをいただきました。その美味しかったこと!添加物が入っていないホワイトチョコレートに驚きました。オーガニックの商品が、自分の健康だけでなく、生産者の方たちの健康も守ってあげることができることを知りました。フェアトレードの学校もとてもよかったです。持続可能な社会のために、今後ともよろしくお願いいたします。
  • RTさま(元スタッフ)
    ピープルツリーで働く前と後では、人生観が180度変わってしまいました。みなさんの情熱の影響で、「自分もなにかをしなくちゃ!」と、グループを立ち上げ、地域活動を始めました。10年前には想像もしなかったほどサステナブルが当たり前の世の中になっていますが、それはずっとピープルツリーが伝えていたことそのまま。見習って「持続」を第一目標にがんばりたいと思います。
  • ショップ オオシマ
    フェアトレードを長く実践してきたブランドとしての誇りを大切に、成長し続けるブランドでありたいと思います。
    商品を実際に手に取っていただける直営店としては、フェアトレード商品との出会いの場、お客様同士・スタッフ・生産者さんとつながれる場として、イベントを企画していきます♪
  • ショップ ヤタ
    つくり手の思いを乗せて、海を渡ってきた商品をお客様に直接届けるという
    最後のバトンを受け取ったアンカーの気持ちで働いています。
    人それぞれの環境や生活様式、世代が変わってもひとりひとりに寄り添い、“これ欲しかった!”と思ってもらえるブランドにしていきたいです。
  • ショップ N・S
    家族や友人がフェアトレードに興味を持ち始め、話題に上がることが多くなりました。スタッフやお客様とのお話が日々の学びになっており働いていることを幸せに思います。
    より良い未来の為に私たちにできることを共に考え、社会に提案していけるブランドにしていきたいです。
  • ショップ M・M
    人にも環境にも配慮した物づくりをしているピープルツリーで働くことは、私にとっても心地の良い選択です。
    ピープルツリーに行けば、デザインが良く、長く大切に使いたくなるフェアトレードの商品がある。沢山の方にそう思ってもらえるような、センスの良いブランドになっていくと良いと思います。
  • 営業 オガタ
    私個人のささやかな職分が、お客様を通じることで大きく広く世界への貢献になると実感できることによろこびを感じます。
    ますます多様化する生活様式の中で、身近な選択肢として、常に認知されるブランドになれたらうれしいです。
  • 卸営業 A・K
    平日の大半、人生で見ても自分の時間の多くを仕事に費やしています。その時間を、自分の生活だけでなく同時に誰かのためになることに使えるという二重の喜びを感じ働くことを嬉しく思います。
    入社前は生産者のためにという想いが強かったですが、多くのお客様、取引先の方の想いの強さに驚き、その想いも含めてフェアトレード商品をお届けできることがピープルツリーで働く喜びとやりがいです。
    もっとより多くの方に知っていただき、もっと多くの方が欲しいと思う商品を届けられるブランドにしていきたいです。
  • 卸営業 ヒライワ
    SDGsやサステナブルが注目され、ブランドの注目度も高まるなか、ブランドと一緒に私もパワーアップしていきたいです。
    エシカルが身近になったり、フェアトレードが浸透して、老若男女関わらず、当たり前に使うブランドになればいいなと思っています。
  • 卸営業 イシカワ
    学生の頃から、ずっと願っていたピープルツリーでフェアトレードに関わることができて誇りに思います。「デザインが素敵」「着心地がいい」「美味しい」という理由で購入された方がフェアトレードやサステナブルについて考えるきっかけとなるのが理想的と思います。つくる人と買う人を繋ぐ架け橋としてこれからも長く続くブランドにしたいです。
  • 卸営業 E・K
    私がピープルツリーと出会ったのは10数年前、自由が丘でランチの帰りに友人に連れられ直営店に行ったのが始まりです。「とびきり美味しい!しかもフェアトレードで最高!」とチョコをプレゼントしてくれました。そして今「最高!」を仕事にできていることに自分自身とても幸せを感じています。挑戦し続けるブランドの一スタッフとして、歩みを止めずに進みます。
  • 卸営業 K・I
    フェアトレードや環境問題に対して常に意識するようになり、当社の製品を一人でも多くの方が知ってご購入頂くことが、問題解決に繋がるという思いで働いています。
    生活する中で素敵だなと思って自然と手が伸びるような、身近に感じてもらえるブランドにしていきたいです。
  • 食品 T・N
    自分が扱う商品に誇りを持ち自信をもって人に勧められるブランドで働いていると思っています。
    フェアトレードやオーガニックに対してハードルの高さを感じる方がいると思いますが、さらに多くの方々に対して間口を広げていけたらいいな、と思います。
  • 食品 Y・K
    おいしく・安全で・生産者の顔の見える食品を紹介する仕事に携わることができ、喜びと責任を感じています。
    つかう人・たべる人・つくる人・届ける人たちが一緒につくりあげてきたこの循環が、これからも長く健全に持続していくよう、努力していきたいです。
  • 通販 S・O
    自身は変わらないが周囲の意識が変化し、フェアトレードに対して関心を持つ人が増えたように思う。
    100年続くブランドになるといいと思っています。
  • 通販 A・O
    フェアトレードに関心を寄せてくださるお客様からお問合せいただくことが多く、親身に対応できるよう自分自身も知識を増やしていきたいと日々感じます。
    私ができることは限られていますが、まずはお客様への対応から、親身・丁寧を心がけ、ピープルツリーに良い印象を持っていただけるよう、少しでも貢献できればと思っています。
  • マーケティング ヤマザキ
    大好きなブランドで働いていることを幸せに感じています。働いている人も生産者も商品も大好きです。
    すべての人と地球環境と調和したビジネスが可能なのだという成功モデルとなり、世界中の人に愛されるブランドにしていきたいです。
  • マーケティング ミナクチ
    気が付くと、ずいぶん古株になっていますが、フェアトレードも途上国援助も、一番大事なのは「続けること」。 私たちのような小さな会社が30年も続いているのは、まるで奇跡のように感じる一方で、こんなに素敵なアイテムばかりだからこそ、多くの方々に手に取っていただけたのだとも思っています。魅力的な商品とその背景を合わせて情報発信できるブランドであり続けたいと思います。
  • マーケティング S・O
    エシカルな暮らしや考え方に触れる機会が多く、とても勉強になります。働きながら自分自身の暮らしにも出来るだけエシカルな要素を取り入れて持続していく良いきっかけになっています。
    着心地の良さや職人さんの手仕事の温もりなどの魅力もつまったブランドなので、そこもしっかりお伝えしていきたいです
  • マーケティング N・W
    ウエブデザイナーとして日々、ピープルツリーらしさと表現を考えています。
  • マーケティング ウエキ
    初めてピープルツリーのオフィスに入ったときのわくわく感と、ピンと背筋が伸びた気持ちを今も大切に、日々コミュニケーションツールを制作しています。暮らしのアイテムに占めるフェアトレードやエシカル率がどんどん上がり、モノに触れるときの安心感や、しあわせ度も増したように感じます。誰もが知っていて、歴史と新しさがハーモニーを奏で、たくさんの方に愛される、なくてはならないブランドにしていきたいです。
  • 啓発 K・M
    感謝と挑戦の30年!振り返れば小さなボランティアのグループから始まり、数えきれないたくさんの人の知恵と経験と能力が糸のように紡ぎ合わされ、縄を編むように折り重なって、いつのまにか大きな蔓のように天に向かって伸びているようなイメージです。世界が少しずつ、ある時は大きく変わって、これからもどんどん仲間は増え、変化が続きます。愛と正義がまもられる未来のために、できることをやり続けていきたいと思います。
  • 啓発 H・S
    より良いライフスタイルの実践の延長に、ピープルツリーでのお仕事があると思っています。いい意味で、公私混同。毎日の生活を楽しみながら、世界のためにできることがある。それを伝えていけるのは、喜びであり、やりがいです。
    ピープルツリーのお店やサイトを訪れると、毎日の暮らしを楽しむヒントや発見があって、自分の生活に取り入れてみよう!と思える~というお客さまをもっともっと増やしたいです。
  • 商品企画 M・U
    ピープルツリーが取り組んできた数々のチャレンジに深くかかわることができて、とても有意義な20年間でした。「ふつう」はひとつではないということも学びました。これからも、できることをやるだけです。
  • 仕入生産 Y・F
    手に取る商品が誰によって作られているのか、その顔が見えたり、想像出来たりするのは素晴らしいことだなと思っています。モノを通してつながる友人が世界にいるような感覚で、うまくいかないことも日々多いですが、その友人たちと仲間として働ける喜びがあります。
    ピープルツリーが一緒に働いている生産者さんたちの”今”と”顔”を伝えられるブランドにしていきたいです。商品を通して人とつながれるブランド、その背景にいる人々を感じてもらえたら素敵だなと思っています。
  • 仕入生産 Y・S
    持続可能な開発であることがベースになっているのは素晴らしく、そこに関われてよかったと思います。ピープルツリーで働くことで、今一度、まずは自分の生活の中でできることを見直すようになりました。
    使うたびに嬉しくなる商品をお届けし続けたいです。
  • 仕入生産 T・K
    意義ある仕事をしているという充実感があります。フェアトレードの生産は大変なことが多いですが、信念を曲げることなく30年も地道に活動してきたこのピープルツリーの歴史は誇るべきことだと思います。業界のなかで、もっと存在感が大きいブランドになればいいですね。
  • 仕入生産 R・I
    自身が学生の頃よりもフェアトレードは浸透していますが、生活にどのくらい商品が浸透しているかはまだまだ身近なものではなく、”特別”なものな気がしています。その”特別”をもっと身近で選択できるよう商品つくり、販路を広げられる後押しに少しでもお役に立てるように精進したいです。より身近でお客様に愛され続けるブランドになっていけたらと思います。
  • デザイン N
    今は認知度の高いSDGs的なことをそれ以前から私なりに日々考え、フェアトレードに関わるという意味では別の入り口から入ったけれど、この職種でもよかったんです!特別なものだったオーガニックコットンがいつも身近にあり、デザインで人を助ける仕事ができるという、稀なケースで働けています。
    これからのピープルツリーを、一本筋の通ったブランドにしていきたいです。
  • デザイン S
    オーガニックコットンやエシカル素材を使用することはもちろん大切ですが、何よりも生産者に優しい会社です。小さな団体には、彼らが入手出来る範囲の素材を使い手仕事を重視したり、現地の人の生活を大切にしてモノづくりを一緒にしている感覚があります。
    現地の技術を使用したオリジナル商品で、無理のないモノづくりをして、現地の職人にも日本のお客様にも寄り添えるブランドにしていきたいです。
  • デザイン M・S
    ピープルツリーで働いていると、それまでいたアパレルメーカーでは見えてこなかった生産者の方々の顔や、生産風景が見えてきて、一つ一つの製品をとても大切に感じるようになり、流行に振り回されることが無くなりました。 ブランドとして、日本におけるフェアトレード、そしてSDGsの先駆けであったので、これからも、その立場を貫いてさらに社会に良い影響を与え続けて欲しいです。
  • デザイン Y・K
    私の持っている技術(衣料品のパターン作成)を活かし微力ながら社会貢献できることに喜びを感じます。
    社会的に地球環境の危機について考える時代を迎え、平和や平等に生きる権利を皆が持っていること、そのためにはフェアなことが必須であることを訴え続けるブランドであってほしいと思ってます。
  • デザイン M・W
    入社して数ヶ月ですが、ピープルツリーの一員である意識が日常生活にも影響していると思います。
    フェアトレードや環境問題について考える時間が増えました。また、買い物など行動一つ一つにしてもより慎重に選ぶようになりました。
    デザインするものとしてみなさまが大切にしたくなるものをお届けしたいです。
  • SCM ハラノ
    生活をしていくのになくてはならない「仕事」をしている時間を、プラス@があるものにできる仕事です。志や思いの方向性が同じ、多くの方達と出会うことが、私の中で糧となりとても有意義で貴重な時間を過ごすことができ、感謝しています。 フェアトレードだけど、言われないとわからないくらい、洗練されたオシャレブランド。フェアトレードを全面に出さなくても、デザイン、質の良さ、着心地や美味しさなど、製品そのものの良さで勝負できるようなブランドになっていったらいいなーと思います。
  • SCM オガワ
    10年前の入社当時は、途上国支援をしている前職(JICA)の同僚でさえ「フェアトレード」を知らない人は多く、知っていても海外の活動だと思われていました。今では学生さんからも好きなブランドはピープルツリーと聞く事があり、とても誇りに思います。
    洋服も食品も素材や商品ラインナップがどんどん増えているので、スタッフとしても今後の展開が楽しみです。
  • SCM シンタク
    ピープルツリーで働いていることが誇らしく、生産者とお客様をつないでフェアトレードに貢献できる仕事の一部を担えることがうれしいです。
    ピープルツリーの商品に出会って優しい気持ちをもった人が、また別の人に優しい気持ちを伝えていくような、つながりを作るブランドであって欲しいです。
  • SCM LIU
    ピープルツリーで働いていることは幸せだと思います。現地の人に仕事機会をつくり、環境にやさしい商品を作って、それぞれ国の代表的な商品を日本にて広める有意義な仕事です。
  • システム K・M
    システム部なので業務で直接フェアトレードを広める活動はできていませんが、手伝っていけたらと思っています。
    男女問わず幅広い年齢層に広まり、弊社製品の購入を通してフェアトレードに貢献ができいるという感覚を感じ、かつ購入して良かったと思っていただけるようなブランドになって欲しいです。
  • ADM イチカワ
    生産者のつくったものを愛してもらえるように、生産者を身近に感じられるように、おひとりおひとりに語りかけるブランドになったらいいと思います。
    自分の生活が環境にも人にも関係していることを感じられるよう、自らが広がるように応援し、ピープルツリーときいたら、笑顔や元気が出るようなブランドに。
  • ADM K・J
    ピープルツリーの仕事を通じて、ほかの仕事を通じてでは叶わない形での社会貢献に加わる場を与えてもらっていることに深謝しています。
    私が感じるところのピープルツリーの社風は、思いやりと親切。その風の中で、パートタイムとはいえ十数年の歳月を過ごさせてもらって、前職で商社勤務していた頃のビジネスライクな思考回路とはずいぶん変わりました。
    ピープルツリーが優れる点は、FLOの基準ではなくWFTOの基準をクリアしていること。WFTOの認知度の向上と同時平行的にピープルツリーブランドを高めていければ素晴らしい。
  • ADM ヤジマ
    思考や視点や行動が自分や家族中心だったのが、逢ったことがない誰かの暮らしや地球の環境など世界の中での自分や家族という風に変わったと感じています。何かをするときに自分だけでなく「他の誰か」や「地球」にとってもいいことなのか?と考えるようになりました。
    ピープルツリーのいいところを誰もが知っている、そんなブランドになると嬉しいです。

みなさまからもメッセージをお待ちしています

[ #ピープルツリー30周年 ]

あなたとピープルツリーとの
エピソードをシェアしてください

ご投稿いただいた一部のメッセージのみを掲載しています。
すべてのInstagram投稿はこちらから>>

  1. Instagramにハッシュタグ「#ピープルツリー30周年」とつけて、お気に入りのピープルツリー商品の写真と一緒に投稿してください。最も素敵な投稿をしてくださった3名さまには、ピープルツリー商品に交換可能なギフトクーポン1万円分をプレゼント!
    • ※著作権に違反する写真、公序良俗に反する写真、他人のプライバシーを侵害する写真による投稿は削除される可能性があります。
    • ※投稿写真内で確認できる対象物によって肖像権等の第三者の権利侵害があった場合、当社は一切責任を負いません。
    • ※本キャンペーンはInstagramが支援、承認、運営、関与するものではありません。
    • ※投稿写真の掲載時に応募者のアカウント名の表示を行う場合があります。
    • ※投稿写真は、ピープルツリー公式サイトやピープルツリー公式SNSサイト、ピープルツリー店内にて掲載させていただく可能性があります。
  2. ピープルツリー自由が丘店、立川高島屋店に登場の「ピープルツリーの木」にみなさんのコメントの葉や果実をつけに来てください。

ピープルツリーの木

ぜひご来店のうえ、「ピープルツリーの木」にメッセージをお願いします!

  • ピープルツリー自由が丘店

  • ピープルツリー立川高島屋店

直営店の詳しい情報はこちら 

ケニアの職人さんが打ち出しという伝統技法で作った手仕事の真鍮のブローチに、日本で「people tree since 1991」という刻印を施しました。感謝の気持ちを込めて作った、世界で200個だけの記念アイテムです。
なくなり次第終了となりますので、お早めにご利用ください!

※ オンラインショップ限定企画のため、ピープルツリー直営店、楽天ピープルツリーでのお買いものは対象外となります。

新作アイテムのお買いものはこちら 

30周年
スペシャル・イベント

みなさまのご参加お待ちしています!

30周年記念限定アイテム

売り切れ必至の数量限定商品、
お早めにチェックしてください!

What's People Tree?

  • ITEM ロングセラーから最新のコラボまで自慢の人気アイテム
  • PEOPLE ピープルツリーの共感する生き方を体現する方々をご紹介します。「ピープルツリーな人 」
  • HISTORY ピープルツリー30年の歩み

ARCHIVE

ピープルツリーのフェアトレードや素材、手仕事などをご紹介するブログ記事「The Days」より、選りすぐりの記事をピックアップ

  • 日本のフェアトレードの草分け的なみなさまに創成のお話をうかがいました。(2020年6月)

  • ピープルツリーの寄付つきお買いものについてご紹介しています。(2021年6月)

  • フェアトレードとSDGs、そしてその関係についてのご紹介です。(2021年5月)

  • ピープルツリーのオーガニックコットンと認証についてのお話。(2021年9月)

30周年ロゴ

People Tree

毎日の暮らしに物語を

ITEM

ロングセラーから最新コラボまで、ピープルツリー自慢の人気アイテム
アイテム写真をクリックすると商品詳細がご覧いただけます。

  • LONG SELLERS

    ロングセラーの人気雑貨

    長い年月変わらぬ手仕事で作られて販売され続けているフェアトレードの真骨頂ともいえる品々。いままでにいったい、何個くらいがお客様のお手元に届いたのかと、現在わかる範囲の2009年からで累計販売個数を出してみたところ…まさに継続は力なりです!

    • 1999年~

      約3万個

    • 2003年~

      約1万個

    • 2003年~

      約9万個

    • 2011年~

      約5千個

    • 2011年~

      約6万5千個

    • 2012年~

      約5千個

    • 2013年~

      約1万個

  • FAIR TRADE FOOD

    フェアトレード・フード

    食べるにも、贈りものにするにも安心な自然素材のおいしいフェアトレード・フードを取り揃えています。

    ロングセラーのチョコレートは2009年からの累計で約1,687万個、同じくプレダのドライマンゴ―は約65万個をお買い求めいただきました!
    • 1995年~

      約1,687万個

    • 1996年~

      約65万個

  • ORGANIC COTTON

    オーガニックコットンアイテム

    1998年に初めてのオーガニックコットン製Tシャツを発売してから22年。

    GOTS(オーガニックテキスタイル世界基準)の認証を取得しているオーガニッ クコットン製品だけでも、2009年からの累計販売数は75万5千点以上。なかでも一番人気の下着類は累計(2009年~)で8万5千点以上お買い求めいただきました。いつもご愛顧ありがとうございます!
  • ETHICAL WEDDING

    エシカル・ウェディング

    お二人の幸せをつくる人たちにも、おすそわけできる「エシカル・ウエディング」。

    なかでもコットンシルクに贅沢な手刺繍が施されたピープルツリーのウェディングドレスは、2011年から累計約200件のウェディングに選んでいただきました。
  • RECYCLED SARI

    リサイクルサリーシリーズ

    インドやバングラデシュの女性たちが着ていた民族衣装サリーをリサイクルした1点1点色柄の異なる「世界にひとつだけ」のアイテム。

    雑貨からインテリア、衣料品まで、現在50種類以上のラインアップです。
  • NEW COLLECTIONS

    春夏/秋冬各シーズンの新商品

    毎年春夏と秋冬の年2回、定番商品に加えて新作コレクションを発表しています。

    各生産者の得意な技を念頭に、日本のお客様に喜んでいただけるデザインを1年以上前から作り始めて、卸先のみなさまにも販売開始の1年近く前から予約発注をしていただけるおかげで、フェアトレードのシステムが成り立っています。
  • COLLABORATIONS

    コラボレーション商品

    2007年ファッション誌『Vogue Nippon』の企画で始まった、ヴィヴィアン・ウエストウッド、ローラ・アシュレイ等、錚々たるデザイナーやブランドとのコラボレーション。

    2021年秋冬シーズンは、V&AとMoominとのコラボレーションです。

What’s PeopleTree?に戻る 

お買いものはこちら

30周年ロゴ

People Tree

毎日の暮らしに物語を

PEOPLE

フェアトレードから広がって、さまざまな活動をしている元・現スタッフにインタビューし、シリーズでお届けします。
ピープルツリーやフェアトレードとの出会いをきっかけに、働き方や関心事、ものの見方や考え方、
そしてライフスタイルまでいろいろなかたちに。そんなエピソードが、みなさんの変化のきっかけの種になりますように。

  • Vol.1
    胤森なお子さん

  • Vol.2
    加唐花子さん

  • Vol.3
    永岡育子さん

  • Coming Soon
    11/6

  • Coming Soon
    11/13

What’s PeopleTree?に戻る 

facebook twitter instagram line youtube

お問い合わせ | メールマガジン登録




このページのトップへ